採用情報

バス運転士になるまでの流れ

STEP1必要書類の準備表示
イメージ

履歴書、運転記録証明書を用意します。

◇運転記録証明書の申請方法◇
証明書申込用紙を警察署、交番、駐在所、および自動車安全運転センター各都道府県事務所で受け取ります。 申込用紙に必要事項を記入し、手数料を添え、お近くの郵便局またはセンター事務所へ直接申し込みます。ただし即時発行は行っていません。 運転記録証明書の交付手数料は、1通につき630円です。
手続きの詳細や交付日などについては、お近くのセンター事務所へお問い合わせください。

STEP2応募表示
イメージ

履歴書(写真貼付)、運転記録証明書(3年のもの)をグループ採用担当者へ郵送します。
応募書類は締切日(試験日の1週間前)までにお送りください。

STEP3試験日程のお知らせ表示
イメージ

締切日に試験のご案内をお送りいたします。
基本的に書類選考は行いません。

おおむね1週間後

STEP4採用試験 1次試験表示
イメージ

試験開始前にアルコール検査と免許証の確認をします。試験内容は、筆記試験・面接・実技試験です。合否の結果は、1週間程で発送します。
筆記試験…一般常識(交通法規を含む)
面接試験…5~6名の集団面接
実技試験…車庫入れ(営業所敷地内)
     一般公道での走行

2~3週間後

STEP5採用試験 2次試験表示
イメージ

1次試験合格者は健康診断を受けます。
また、制服の採寸も行います。

1週間後

STEP6内定表示
イメージ

2次試験合格者の方に、内定通知と入社案内をお送りします。

40日前後

STEP7入社・導入教育表示
イメージ

いよいよ入社です。
入社式のあと、導入教育が始まります。
安全運転の知識や、車両の点検、会社の規則、接客の基本などを学びます。また、非常事態訓練や車椅子の取り扱い研修も行います。
同期の仲間たちと一緒にがんばります!

2週間後

STEP8配属表示
イメージ

2週間の研修のあと、各営業所に配属されます。
営業所では、担当する路線、その路線の危険個所などをベテラン指導員に教えてもらいます。
その後、先輩運転士に同乗してもらい、営業車を運転します。
先輩にアドバイスをもらいながら、運転技術や接客の仕方を身につけていきます。

2か月~2か月半後

STEP9デビュー(単独乗務開始)表示
イメージ

営業所の管理者による見極めを行い、合格すればバス運転士として単独で乗務します。
初心を忘れず、常に安全運転を心がけましょう。