京急バス運転士採用強化中!

2020年7月21日

京浜急行バスでは今後の羽田空港路線の増強や働きやすい環境づくりの強化のため運転士を募集中です。

当社は2020年1月に賃金改善を実施し、業界最高水準の月給でスタートしました。さらに新しい仲間を迎えるにあたり様々な施策も行っています。

1.募集要項

運転士労働条件.jpg

2.新しい仲間を迎える独自制度

①養成運転士制度

路線バスの運転に必要な大型二種免許がなくても大丈夫!普通免許をお持ちであれば、京急バスが免許取得から教育までパッケージでご提供いたします。入社5年で免許取得費用も返済免除となります!「普通車しか乗れないけど大丈夫かな?」というあなたもチャレンジしてみませんか?

(新)養成運転士条件.jpg

②準養成運転士制度

当社の養成運転士制度は入社時に40歳未満までの方が対象ですが、40歳以上の方でも大型二種免許取得を条件にあらかじめ内々定をお出しし、養成運転士として当社に活躍していただける方を募集します。教習費用の一部はご負担いただきますが、一定の勤続で支援金をお出しいたします!

準養成運転士条件.jpg


③転居支援金制度

遠方からの転居にも京急バスは徹底サポート!当社指定地域への入社・配属に伴う転居をされる方に以下のような制度をご用意しています。

【拡大】転居費用貸付.jpg

④UR都市機構との協定

 UR都市機構が提供する住宅に居住する場合、当社社員であれば以下のような特典を受けることが可能です。

 

3.入社後も徹底サポート!

①理論と技術を徹底教育「研修・教育センター」

教習1.jpg 教習3.jpg 教習2.jpg

2018年2月に運転士の教育を専門に行う「研修・教育センター」を新設。新入社員は入社後、ここでバスの構造や安全に対する姿勢を座学で教育を行うとともに、危険予知・予測訓練ができるバスシミュレーターを使用し、起こりやすい事故・ヒヤリハットを体験しながら安全に対する意識向上を図ります。

座学での教育を終えた後は、燃料消費が確認できる装置などが付いた訓練車で車庫内での教育のほか、実際に路上の運転することで、危険予知力を磨き、事故防止の基本「かもしれない運転」を徹底的に身につけます。実車訓練を徹底的に行うことで、営業所配属前にバスが運転できるレベルまで教育を行います。

また、教育期間中には川崎市の自動車教習所を貸し切り、安全輸送に必要な知識・技術の向上を実技等で学びます。

 

②年次ごとの教育

教習4.jpg 教習5.jpg

運転士としてデビューしてからも、数年に一度、茨城県ひたちなか市の安全運転中央研修所など、外部機関での研修を通じ、京急バスの安全に対する意識向上施策は定年退職まで続きます。

 

4.採用試験・入社日・応募書類のご案内

(7.21差替え)試験案内.jpg

    ボタン2.png   ボタン1.png