社員の新型コロナウイルス感染について

2020年4月24日

2020年4月23日(木)、当社の京浜島営業所に勤務する運転士が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

現在、所管保健所の指導のもと、感染者および濃厚接触者に対して感染拡大を防ぐための対応を行っております。

当社は、お客さまと従業員の安全を最優先し、所管保健所との協議をもとに、調査への協力および感染拡大の防止に努めるとともに、引き続き必要な措置を適切に講じてまいります。


【感染した運転士について】

当該社員:運転士 60代 男性(神奈川県在住)

業務内容:リムジンバスの運転(勤務中マスク着用)

渡航歴:なし

感染経路:不明

 

【感染が確認されるまでの経緯】

4月16日(木) 当該社員から営業所へ発熱の報告

4月17日(金) 病院で受診

4月21日(火) 熱が下がらないため再び受診、PCR検査を受ける

4月23日(木) 所管保健所より陽性の報告

なお、当該社員は4月16日(木)より自宅待機しております。

 

【当該社員の勤務状況】

4月14日(火)

〇羽田空港⇔西船橋駅・船橋駅線

船橋駅発 5:55

4月15日(水)

〇羽田空港⇔武蔵小杉駅線

羽田空港第2ターミナル発 5:02、7:32、11:35

武蔵小杉駅発 6:10、9:05、13:05

〇羽田空港⇔幕張新都心地区・千葉駅・千葉中央駅線

羽田空港第3ターミナル発 16:10

千葉中央駅発 18:30

上記時刻にご乗車いただきましたお客さまにつきましては、当該社員がマスクを着用しており、車内換気を行っていたため、保健所の調査の結果、濃厚接触者には該当いたしませんが、体調に不安のある方は最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」にお問い合わせください。

 

【対応状況】

1.保健所からの通知および対応

2020年4月23日 (木)、所管保健所より、当該社員の発症が確認されたとの連絡を受けました。その後、保健所により濃厚接触者の調査を実施しました。

2.現在実施している措置

・バス車内および営業所に対する定期的な消毒(当該社員の関係する箇所の消毒完了)

運転士および羽田空港内勤務当社従業員のマスク着用

手洗い、うがいの励行

・換気扇、空調の使用や窓開けによる車内換気

・バス最前列の座席の使用中止

・従業員の健康管理(出社時の検温等による体調確認)の徹底

・感染および濃厚接触の疑いがある場合は、国・各都県・医療機関等の指示に従って対応

 

■ お問い合わせ

京浜急行バス総務部総務課

TEL.045-264-6880